100人の母たちとは?

母たちの写真とことば

2013.02.14  河口尚子 ブックコンシェルジュ 長男 瑠 一 19歳 長女 理瑛子 17歳 次男 玲樹 8歳

気がつくと世界は急にまわりだす。
気がつくとは自由になること、
鳥のような大きな目を持つということ。

鳥の目を持って自由を得た母達は大きな翼を広げて子どもたちを嵐から守る。
どんなに羽根を傷めても閉じようとしない。休もうとしない。

大きな愛を抱えた母達の翼からこぼれ落ちた羽根は、
ふと私の心のひだを優しく撫でて足元にこぼれ落ちる。

私は拾う、その美しい羽根を。

そして真実を見つめる。

それは、全ての人に見えるものではないんだよ。
そう、気がついた人だけに、翼を抱えた女神達からのプレゼント。
そう、生きるヒントだ。
そう、本当の愛だ。
それは、本当の思い。

しっかり眼を凝らして、愛する人たちを守るために、
私も女神達からのプレゼントを拾ってみよう。
よく生きるため。
大事な人を守るため。
自由になるために。

翼を広げた女神たちと一緒に世界を見よう。
そして、女神達の羽根で世界を包もう。

そしたら、私にも少しくらい羽根が、翼が、優しく生えてくるだろうか。